精神医学用語目次

精神医学用語目次

索引:   ア行 ‖ カ行 ‖ サ行‖ タ行 ‖ ナ行 ‖ ハ行 ‖ マ行 ‖ ヤ行 ‖ 
認知療法
認知療法
本イメージ

マ行

魔術的思考 magical thinkinga魔術的なものが働いているなどと考える思考内容。
未成熟な immature性格などが発達していない様子。
ミネソタ多面人格検査 MMPI(Minnesota Multiphasic Personality Inverntory)質問紙法による人格検査の代表。14の尺度に従って整理して人格特性のグラフを作成する。
ミュンハウゼン症候群 Munchausen syndrome嘘で、しかし重篤な症状を訴えては病院に入院を繰り返し、渡り歩く。
無意味な senseless意味がない。
無価値感 feelings of worthlessness自分の価値を見いだすことができない感覚。
夢幻様状態 oneiroid stateせん妄、もうろう状態、アメンチアなどを総称して用いられてきた。
むちゃ食い binge eating過食でみられる摂食行動。大量の食物を一度に摂取する。
無動無言症 akinetic mutism無言ではあるが、意識がハッキリしている様に見える状態。
めまい感 feeling dizzyめまいの感覚。
メランコリー親和型人格 Typus melancholicusテレンバッハが提唱する生来うつ病にかかりやすい人の人格特徴。
妄想 delusion妄想とは、病的に作られた誤った思考内容で、強く確信されて、論理的に説得しても訂正が不可能なもの。
妄想気分 delusional mood周囲の世界が何となく変わってきた様に感じ、周囲で起こる出来事が何か意味がありそうで不気味で、不安に感じられる状態。
妄想体系 delusional system最初は断片的な非体系妄想が、次第に発展し広がりとまとまりを持つようになり、がっちりと体系化される。
妄想知覚 delusional perception実際に何かの知覚があったときに、それに対して突然了解不可能な特別の意味づけがなされ、強く確信されるもの。
妄想着想 delusional ideaなんの原因もないのに、突然ある観念が浮かんできて、そのまま確信されるもの。
もうろう状態 twilight state意識狭窄に意識混濁が加わり、さらに幻覚、錯覚、不安、徘徊などを伴った特殊な状態。意識変容状態の一つ。精神医学では、意識混濁に精神運動興奮、幻覚、その他を伴う複雑な意識障害
森田神経質森田療法の創始者、森田正馬医師が提唱した神経質性格
森田療法森田正馬が創始した独自の精神療法。患者が自己の症状をあるがままに受け入れられるように訓練する方法。

英語ぺらぺら君歴代米国大統領の元通訳が教える英会話学習法
英語ぺらぺら君歴代米国大統領の元通訳が教える英会話学習法

K塾12期

トップへ戻る